肩が凝ってどうにもならなくなり、仕事の休憩時間に、ランチのついでにクイックマッサージをしてもらいに行きました。
あんまマッサージみたいなところでした。
ふだんは、オイルを使ったマッサージをしてもらうので、服を着替えないといけないのですが、このお店は、服を着たまましてもらえるところでした。
時間がなかったので、30分のマッサージをお願いしました。
受付の人に、そんなに凝ってるんだったら30分だと十分ほぐせないかもしれませんよ、と言われましたが、とりあえず30分でお願いしました。
私にマッサージをしてくれた方は、年配の男性でした。今までは女性にマッサージをしてもらっていたので、男性にマッサージをしてもらうのは少し嫌でしたが、時間がないのであきらめました。
でも、担当を変えてもらわなくて良かったです。
あんまマッサージは初めてだったのですが、オイルマッサージとは違った気持ちよさがありました。
気持ちよくて眠りに落ちるようなリラクゼーション効果は私にはなかったのですが、効いてる!という感じがすごくあり、しかも男性だったので力もあるのか、よく肩こりに効きました。年配の方だったので、技術もあったのかしれません。
肩が楽になったので、仕事場の人にもおすすめしました。

ハワイ旅行に行ったときに、ロミロミマッサージをしてもらいました。
日本でも、ロミロミマッサージは聞いたことがあり、興味があったのですが、なかなか行く機会がなく、ついに本場ハワイで実現しました。
施術料金が高いので、少し悩みましたが。。。
でも、ロミロミをしてもらって大正解でした。
オイルで軽くなでるような感じのマッサージだと思っていたのですが、しっかり押してもらえて、血流がよくなり、身体が軽くなりました。
くすんでいた顔色も、良くなった感じでした。
飛行機に乗ってむくんでいた足も、これですっきりしましたし、疲れていた身体も元気になったので、ホテルで仮眠を取ることもなく活動できる、と終わったときに思いました。
マッサージの終わりに(マッサージをしてくれた方は、日本の方でした。)「こんなにロミロミが力強いマッサージとは思わなかった」と話すと、「ロミロミは意外にしっかりと押すマッサージなので男性の方もよくこられるんですよ。」とのことでした。納得です。
力強いマッサージですが、リラックスもできるのでマッサージをしてもらっているあいだに、何度も気持ちよくて、ウトウトしてしまいました。
日本でも、ロミロミマッサージに行ってみたいと思いました。

都内で選ばれた出張マッサージ
羽田付近や羽田空港第1ビルにスピード出張

若い頃から体を動かすのが好きで、色々無茶をして来ました。体を痛めることもしばしば、それでも根拠の無い自信があり、さすがに捻挫などの治療を受けた事はありますが、マッサージなどを受けることはありませんでした。しかし年齢が上がってくるとその自信も揺らぎ始めました。きっかけは坐骨神経痛。痛めた腰をちゃんと治さずに、それを庇いながら動いていたせいで、骨盤に歪みが出ていたようです。じわじわ右足がしびれだし、それが痛みに変わり、やがて歩行困難になりました。整骨院通い骨盤の矯正をして貰い、マッサージを受け続けたおかげで。2ヶ月ほどで状態は良くなりなした。こうなると若い頃の悪い自信がよみがえり、マッサージ通うことがぱたりと無くなりました。ほどなく今度は股関節炎を発症。整形外科と整骨院に通い、リハビリとマッサージを受けてこれも2ヶ月程かかり状態は改善しましたが、未だに完治はしていません。もっとちゃんとマッサージを受けていたらこうはならなかったのかもしれません。どうしようも無い状態になってから、行くことが多かったマッサージですが。やはり日ごろのマメな体のメンテナンスが必要なようです。今では定期的のマッサージを受けています。状態が良いからマッサージはいらないと思わずに、定期的にマッサージを受けると、自分では気がつかない体のダメージを教えてくれ、そこをほぐしてくれます。マッサージの効用は実はそこにあるんじゃないでしょうか。治療も大事ですが予防が一番。当たり前のことをこの年になって実感しました。気軽にマッサージに行きましょう。

私は温泉へ行ったときはもちろん、どこかへ移動の待ち時間でマッサージを利用したり、マッサージを受ける為だけに専用の施設へ行ったりします。
金額は場所によっても大体10分いくらぐらいで決まっていましたが、この頃マッサージチェーン店ができており、大分安く長くサービスを受けられるようになってきました。
いつも通う所では大体同じ人にお願いしますが、飛び込みで入った所でも大概は満足することが出来ます。
マッサージをお願いする時に、全体マッサージか部分マッサージを選ぶことが出来ますが、私は肩付近と腰付近をお願いすることが多いです。
肩甲骨の辺りをもみほぐしてくれたり、回してくれたり丁寧に施行して下さったあとは上がらなかった手も楽に上がるようになります。
また腰の辺りも上から真っ直ぐ押してくださるのですが、きれいにはまると痛みがすっと取れます。
ただ上から背骨に沿って前に流すように押していただけるので、息を吸うタイミングを間違えるとかなり苦しい状態になります。
押す時に息を吐き出す感じで呼吸するととても気持ちがいいです。
マッサージ師の方にも痛みを与えないようにして下さる方と、そうでない方がいらっしゃって、私は痛みがない方が助かります。
一度痛いって言っても、我慢しないと治らないよと言われたことがあり、内心もう辞めてほしいと思いながら施行を受けたことがありました。
しかし、痛みを伴ったマッサージの方が、後は体が楽だった気がします。
お手軽に受けられるようになったマッサージ。今はマッサージ以外の色々なサービスも受けられるようになり、ますます便利になりました。
今後も何かあった時には自分へのご褒美として利用していきたいです。

私は大学生の時に海外旅行に行くのが好きでした。その海外旅行の中でマッサージを体験したのが、タイのタイ式マッサージです。
その時感じた事は「えっ、手抜いていませんか?」です。
 タイは初めての海外旅行だったので友達3人とツアーで参加しました。
 なので、タイ式マッサージはツアーのガイドさんに他のツアー客達と一緒に案内されたお店でした。たまたまなのか、私達以外
は中年、年配の女性グループばっかりでした。
 マッサージが終わった後、バスに乗せられてホテルに連れて帰られたのですが、そのバスの中で、みんな口々に「気持ちよかったね~」
と言い合っていました。
 私は正直、撫でられているだけのようにしか感じられませんでした。言葉が通じたなら、「もっと力入れて貰って全然構いませんよ!」と
強く言いたかったです。
 友達に「どうだった?」と聞いてみたら、2人は「気持ちよかったよ」と。もう1人は「撫でられただけ」と答えました。
 正に「気持ちよかったよ」と答えた2人は見た目が大人っぽい子達でした。そして「撫でられただけ」と答えた1人は
私と同じでとても童顔で幼く見える子でした。
 「これは子供と思って手を抜かれたな」と思いました。マッサージ代はツアー料金に込みこみなので直接料金を支払ったわけではありませんが、
マッサージしてくれた人は日当か月給かシステムは知りませんが、きちんとお給料は貰っているはずです。それなのに、「童顔で幼く見えたら手を
抜くなんてずるい」と思いました。
 「子供だったらあんまり力を入れたら痛いかな?と思って手加減したのかな?」と良いように考えようともしましたが、結構凝り性の私と
したらせっかくの機会、命一杯マッサージして欲しかったので、やっぱり憤慨でした。

↑このページのトップヘ